権利に関しての知識を身につけて難しい問題は司法書士を頼ろう

海外の子会社との取引

女性

現在、海外に子会社を持つ企業も増えてきました。海外に子会社を持つことで、海外にもマーケティングの市場を広げることができるので、とても有利に働きます。海外の子会社へ物を売るときに発生する取引の価格は移転価格と呼ばれています。移転価格には、特別に税制が設けられているので、注意が必要です。この税制は、移転価格を操作して、海外に所得を移すことを防ぐことが目的となっています。移転価格は、税務調査が入ることもあります。定められた計算方法に従い、再度移転価格を計算し、取引価格に差があれば、課税が求められます。なお、日本で課税した場合でも海外の子会社では、追徴課税された分の税金が戻ってくることはありません。海外と日本と両方で税金を収めるということになってしまい、非常に多くの税金を支払うことになってしまいます。

移転価格税制を適切なものにするためには、税理士の力が必要です。しかし、どこの税理士事務所でもいいというわけではありません。移転価格税制は、とても専門的な分野で、金額も大きいぶん責任重大な仕事です。税理士事務所に依頼する際には、移転価格税制について専門的に扱っている税理士事務所に相談しましょう。コンサルティングから、実際のポリシーの作成、税務調査の対応など、様々なことを行なってくれます。移転価格税制について、調査が入った場合、数千万年から数億という金額が税金として課税されることもあります。知らなかったではすまない大きな問題になってしまうこともあるので、早めに専門事務所に相談することが大切です。